生活選択の自由 ファトマグ !

賃貸物件のプロパンガス料金が高い理由と削減術

アパートやマンションの賃貸物件や一戸建ての賃貸物件にお住いの方は、一度は「プロパンガス料金が高いなぁ」と感じた事があるのではないでしょうか?実は賃貸物件の場合、自己所有の物件と比べ割高な料金設定にされてしまっている事がほとんどです。
戸建て賃貸・アパートやマンションの賃貸集合住宅での、プロパンガスの金額差についてと、高いガス会社から安いガス会社に変更して、料金の削減ができる方法をご説明していきたいと思います。

プロパンガス料金はガス会社が価格を決める商品

プロパンガスは、昔からガス会社が自由に価格を決めて販売しています。

料金の値上げや値下げについても、ガス会社が自由に決める事ができてしまうので、高いガス会社と安いガス会社が存在しています。

また、販売店にあたる町の商店や燃料店などは、自分達でガスを仕入れる事ができず、大手ガス会社からガスの供給を受けていたり、大手ガス会社から販売店として保安業務などの委託をされています。さらにはボンベの配送の為に別の会社を使っていると1つの家庭に対して2社も3社も入ってしまうので、その分高くなってしまっている事があります。

地域によるプロパンガス料金の金額差

プロパンガスを継続的に使うためには、家までガスボンベを届けてもらい交換してもらう必要があります。

ガス会社さんはボンベを各家庭に配送したり、使っているボンベのガスがなくなる前に新しいガスボンベに交換しなければなりません。

このボンベの交換にはボンベを配達するガソリン代、車の維持費、届ける人の人件費などが必要になります。プロパンガスを使っている人口が多ければ人件費・燃料費・配送費も安くする事ができるので、都道府県などによっても金額差が生じてきます。

無償貸与契約で高いプロパンガス料金に

ご存知の方は少ないと思いますが、プロパンガスの料金に影響を与える、無償貸与契約という契約があります。

無償貸与契約とは
お建物の新築やリフォームに掛かるガス配管の工事や給湯器等のガス設備を、ご自身で支払わずにガス会社に無償でつけてもらう際に発生する契約です。

一見、よいサービスのようにみえますが、実は無償貸与契約とは消費者様にとって非常に危険な契約内容になっています。

実は危険な契約内容

新築やリフォームでのガス配管工事は、約15万円ほど掛かり、給湯器は種類によりますがだいたい10~25万円ほどの金額になり、合計でおおそよ25~40万円ほどかかってきます。

本来自分で支払うはずのガスの配管工事費や給湯器代をガス会社に負担してもらい、無料で付けてもらった代わりに、そのガス会社を10~15年間使わないといけない契約です。

10~15年の契約年数の間に解約やガス会社の変更をするには、このガス配管工事費や給湯器代等の費用の清算が必要となり、ガス配管と給湯器等を買い取り・清算が必要になります。

本当に無料!?

残念ながら『無料』や『ただ』ではありません、この契約は、その時に払わない変わりに、毎月のガス料金で『上乗せ』『徴収』されていく、長期的な分割払い、リースやローンをしている状態になります。

消費者様に不利な点として解約や変更がしづらいように、高額な契約を結ばれ清算するのも大変になってしまう事が非常に多いです。

年数が経つごとに原価償却していき減額されますが、残った年数分の金額が残債となり清算が必要となります。

※最近ではこういったプロパンガス業界の普段あまり知る事ができない情報を教えてくれる相談センターも発足されていますので、どこに聞けばいいか分からない方は、プロパンガス消費者生活センター等へ一度相談してみるのもいいかと思います。

プロパンガス
消費者生活センター

プロパンガス料金消費者センター

4つの安心!

適正価格

近所で安心

無料代行

値上防止

プロパンガス消費者生活センターへ!

ご相談・加盟ガス会社への変更費用はすべて無料!

一戸建て/物件オーナー様専用

プロパンガス消費者生活センターHP
無料ご相談メールフォームへ
TEL:0120-926-341
かんたん!料金診断はこちら!

アパート・マンションなど賃貸物件のプロパンガス料金が高い理由

アパートやマンションなど集合住宅にお住いの方で、プロパンガス料金が高いなと思った事がある方は少なくないと思いますが、アパートやマンションの集合住宅に比べると、一戸建てはプロパンガス料金が安いです。

同じプロパンガスなのになぜアパートやマンションより一戸建ての方がプロパンガスの料金が安いのか。

一戸建ては、建物を購入して所有されている事が多く、一度買ったら生涯住む方がほとんどだと思いますが、空き家の期間も少なくガス会社としては長い年月でガスを使ってもらえるので、アパートよりも安い値段で供給する事ができます。

集合住宅、アパートやマンションは、入退去の入れ替わりが多いことや、1度引っ越しされてしまうと次にいつ入居してくれるか分かりません。

誰も住んでいる人がいなくてもガス会社はメンテナンスを必要とするので、空いている間の分も含んだ価格設定になっており、どうしても一戸建てより高い料金になってしまいます。

また、配管や給湯器などの設備費用もガス料金に含まれています。

アパートやマンションの集合住宅は、ガスの配管や給湯器等のガス器具やモニター付きドアフォン等をガス会社から設備投資されている事が多く、その設備費用分が入居者さんのガス料金に上乗せされ高い料金になっています。

プロパンガス会社を選ぶのは大家さん

アパートやマンションなどの集合住宅は、1つの建物で大家さんがガス会社を決めており入居者さんが自分の部屋だけガス会社を変える事ができません。

入居者さんはどれだけガス料金が高くてもそのガス会社を使うしかありません。

なんでそれぞれ自分たちで契約するのに変えれないの?と不満に思う方もいると思いますが、1つの建物でガス会社を決めないといけない理由として、1つの建物にガス配管を通すにあたり、そのガスの配管工事は1つのガス会社で施工されていることが挙げられます。

施工したガス会社は、配管工事をした後も配管の安全管理をする事になります。

1つの建物に違うガス会社が2社以上入れない理由

A社とB社というガス会社があるとします。その場合、どこからどこまでの配管をA社が管理して、どこからどこまでの配管をB社が管理する。という事ができず、1つの建物でガス会社は1社しか入れない事になります。

またマンションなど1部屋購入した場合でも残念ながら1部屋ごとにガス会社の変更ができません。同じように1つの建物で変更切り替えする必要がありますので、理事会等で議題に挙げ住民さんの同意が必要となります。

ガス会社の変更をオーナー・大家さんへ相談しましょう

マンションやアパート等の集合住宅は、ガス会社を決める決定権は大家さんになり、ガス会社の変更は1部屋毎には変更できません。つまり建物一棟で変える必要があります。

集合住宅の場合、かなり高い金額になっている事が多く、ガス会社の変更は有効な値下げ方法になりますが、現実問題、住民さん一人の少数意見ではなかなか大家さんも取り合ってもらえず、相談してもなかなか許可はおりません。

しかし住民さんと集って提案すれば、大家さんも問題視してくれガス会社変更を前向きに考えてくれるようになります。

賃貸物件のプロパンガス料金削減方法

同じ自由価格のガソリンはガソリンスタンドによって価格の差が数円~数十円程度ですが、プロパンガス料金では驚くほど価格に違いがあります。

元々プロパンガスは都市ガス等他の代用エネルギーが無いエリアで供給され、プロパンガスを使うしかない事がほとんどです。
消費者様は高くてもプロパンガスを選ぶしかなく、それを分かっているガス会社はそれを良い事に高値で販売し、何年間、何十年間と高いガス料金を支払わされてしまっているのです。 そんな中でもプロパンガス料金を安くする方法をご紹介しておりますので、ご参考いただければと思います。

アパートマンション集合住宅のプロパンガス料金削減方法

大家さんに動いてもらうように、住民さんの同意を集めましょう。

まずはおひとりで大家さんにご相談してみて、うまくいかなかった場合は他の住民さんの意見を集めましょう。お一人で大家さんへ交渉をしても、複数いる入居者さんの中の一人の意見では交渉に応じてくれる可能性は低いです。

意見として受け取ってもらうように、他の入居者さんとお話しできれば協力していけますが、入居者皆さんとお話した事があるわけではないと思いますので、一つの方法として、簡単な同意書などを作り各入居者さんの郵便受けに投函し、部屋番号とお名前を書いて、自分の郵便受けに投函してもらう方法が比較的簡単に集められると思います。 大家さんの中にはガス会社から設備投資をしてもらい、その設備投資費が入居者さんのガス料金から徴収されている事を知らない方も大勢います。

大切なのは決して諦めず根気よく大家さんに交渉する事です。

集合住宅のプロパンガス料金削減
大家さんに動いてもらうよう住民さんの同意を集めよう!

賃貸一戸建てのプロパンガス料金削減方法

一戸建ての賃貸は、集合住宅に比べればガス会社変更を断られる事は少ないので、変更を進めるのは問題ないと思いますが、切り替わるまでは安心できません。

大家さんからガス会社変更の許可をもらい、ガス会社変更の手続きを進めていく中で、実は今のガス会社はガス会社を変更されないように、入居者ではなく大家さんに連絡をしています。 その結果、大家さんからは「今のガス会社が安くしてくれるみたいですよ。」というお話が必ず出てきます。大家さんとしては面倒な変更もしないで今のガス会社で安くなるならそれでいいのかな?と思ってしまいますが、そういう話になっても断ってもらうように事前に大家さんに伝えておきましょう。

大家さんから切り替えの連絡があれば、ガス会社は変更するしかないので、それを防ぐために、「今まで高かったのに安くしますよ」と必死でとめてきます。今まで高かったガス会社が安くするという事は、会社にとっては売上がマイナスになるのは分かると思いますが、その安くして赤字になった分をどこから取り戻すのかというと、

入居者さんのガス料金から回収するしかないので、少したってからまた料金を上げてきます。

しかも、今まで高かった分を一度安くしているので、その分を取り戻すために、気づいたら安くなる前のガス料金より高くなってしまいます。

もちろん大家さんには悪気はありません。プロパンガスに詳しいわけでもなく、今のガス会社が安くなるならそのままでいいんじゃないかなと思ってしまうのは当然だと思います。が、今以上に高くなるという事実を知りません。
なので、大家さんから今のガス会社が安くしてくれると言ってたよという話がきたら、上記の内容を伝え断ってもらうようにお願いしましょう。
できれば大家さんには先に、今のガス会社から料金下げる話があると思うけど、別のガス会社に変更したいからそれは断って下さいと、理由も説明して伝えておくのがいいですね。

忘れないで欲しいのは、ガス料金を払うのは大家さんじゃありません。

大家さんにガスの料金がいくらになっているのかを知ってるか聞いてみて下さい。

高いガス料金を払うのは、払わされるのは、ガスを使う自分達だということを。

自己所有一戸建てのプロパンガス料金削減方法

プロパンガスは、ガス会社がガスの料金を決めていますので、安いガス会社と契約する事によってガス料金の削減が簡単にできますが、ガス会社は各都道府県ごとに山ほどあり、その中から安くて安全なガス会社を探すのはとても大変です。

プロパンガス業界の悪いところは、契約時は安くても契約してから値上げを繰り返し、知らないうちに初めの金額の倍くらいまで値上げされてしまっている事がありますので、ご自分でお探しになるのではなく、近くで安いガス会社を紹介してくれて、プロパンガス会社と消費者様の間に立って平等性を保ち、契約後の価格の保証までしてくれる機関もありますので、そちらに相談してみるのがよろしいかと思います。

高いプロパンガス料金を安くする方法

ガスと言う生涯利用しなければならないエネルギーです。

お肉やお魚を安いスーパーで買うように、プロパンガスも安いガス会社を選ぶ時代です。

プロパンガス料金は自由価格という事もあり、ガス会社が自由に価格を決められるので、最初の契約時の料金をしっかり守ってくれて不当な値上げをしないガス会社かどうか等、様々な料金トラブルがあります。 しっかりと安い料金を維持してくれる優良なガス会社もまだほんの数パーセントしかありません。 従って消費者様がお一人で優良なガス会社を探す事は非常に困難です。

しかし最近では消費者様を守るために、プロパンガス専門の相談機関も発足されています。

プロパンガス消費者生活センターは、プロパンガス会社と消費者様の間に立ち、プロパンガス料金の公平性を保つ為に発足されたプロパンガス料金専門の相談機関です。

不当な値上げの無い安くて安全なガス会社の紹介から、契約後の適正価格の保証まで全て無料で、アフターフォローもしっかりしているので安心です。

プロパンガス
消費者生活センター

プロパンガス料金消費者センター

4つの安心!

適正価格

近所で安心

無料代行

値上防止

プロパンガス消費者生活センターへ!

ご相談・加盟ガス会社への変更費用はすべて無料!

一戸建て/物件オーナー様専用

プロパンガス消費者生活センターHP
無料ご相談メールフォームへ
TEL:0120-926-341
かんたん!料金診断はこちら!

コメントを残す