プロパンガス 値上げ!?トラブル続出 不当な価格設定について

東京ガス等、大手の都市ガス会社は原料費調整制度により、毎月輸入額に応じてプラスマイナスされる料金体系なので、明朗会計です。その一方で、プロパンガスはまだ原料費調整制度を導入しているガス会社は少なく、値上げのトラブルが多いのが現状です。 今回はプロパンガス料金の値上げについてのご説明と、不当な値上げを防止するにはどうすれば良いのか、その対策をご紹介していきます。

プロパンガスはガス屋さんが価格を決める自由価格

まずはプロパンガス料金についてご説明していきます。

2017年4月に都市ガスが自由化し自由価格となりましたが、プロパンガスは昔から自由価格の商品です。

MEMO
公共料金 国や地方公共団体が定める一律の料金
自由価格 各事業者が料金を自由に定める料金

つまりプロパンガス料金は、昔から各ガス会社が価格を自由に定めて販売しています。ガス料金の値上げや値下げについても、ガス会社が自由に決める事ができます。

都市ガスは毎月原料費調整額で上乗せ値上げされています
現在は都市ガスも自由化され、自由価格の商品ですが、自由化する前の都市ガスは公共料金なので、値上げが無いと思っている方も少なくはないのではないでしょうか。都市ガスは原料費調整制度を適応した料金体系で、毎月輸入額に応じてガス料金が上下し、輸入額に応じて値上げや値下げをしています。
MEMO
原料費調整制度とは?
LNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)において、原料費は為替レートや原油価格の動きによって変動します。原料費調整制度はこうした原料費の変動に応じてガス料金を調整する制度です。

プロパンガス料金の内訳

次にプロパンガス料金の内訳がどんな料金で構成されているのか見ていきましょう。プロパンガス料金も都市ガス料金も主に、基本料金と1m3の従量単価で構成されています。

基本料金:使用量問わず毎月掛かる料金
1m3従量単価:ガスの使用料金

から構成されていますので単純計算の 基本料金+(1m3単価×使用量)=合計ガス料金 になります。

都道府県別プロパンガス平均価格と安値相場価格

プロパンガス料金の値上げに関して、まずは基準となる各都道府県別の平均価格と安値相場価格についてご説明していきます。

北海道 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,152
平均値
合計:10,890
単価:874
平均値
合計:18,885
単価:837
安値
基本:1,400
安値
合計:7,392
単価:599
安値
合計:11,550
単価:508

青森県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,948
平均値
合計:10,402
単価:845
平均値
合計:18,495
単価:827
安値
基本:1,500
安値
合計:6,930
単価:543
安値
合計:13,090
単価:580

岩手県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,011
平均値
合計:10,003
単価:799
平均値
合計:17,438
単価:771
安値
基本:1,600
安値
合計:8,350
単価:675
安値
合計:13,716
単価:606

宮城県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,823
平均値
合計:8,819
単価:700
平均値
合計:15,312
単価:674
安値
基本:1,360
安値
合計:6,204
単価:484
安値
合計:10,758
単価:470

秋田県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,926
平均値
合計:9,685
単価:776
平均値
合計:16,818
単価:745
安値
基本:1,650
安値
合計:8,310
単価:666
安値
合計:13,680
単価:602

山形県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,939
平均値
合計:9,942
単価:800
平均値
合計:17,552
単価:781
安値
基本:1,430
安値
合計:7,700
単価:627
安値
合計:13,365
単価:597

福島県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,840
平均値
合計:9,191
単価:735
平均値
合計:16,044
単価:710
安値
基本:1,500
安値
合計:7,458
単価:596
安値
合計:10,648
単価:457

茨城県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,743
平均値
合計:8,070
単価:633
平均値
合計:14,059
単価:616
安値
基本:1,320
安値
合計:6,120
単価:480
安値
合計:10,470
単価:458

栃木県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,720
平均値
合計:8,075
単価:636
平均値
合計:13,999
単価:614
安値
基本:1,000
安値
合計:5,995
単価:500
安値
合計:9,845
単価:442

群馬県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,793
平均値
合計:8,041
単価:625
平均値
合計:14,004
単価:611
安値
基本:857
安値
合計:5,575
単価:472
安値
合計:9,671
単価:441

埼玉県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,791
平均値
合計:7,869
単価:608
平均値
合計:13,829
単価:602
安値
基本:1,390
安値
合計:6,270
単価:488
安値
合計:10,780
単価:470

千葉県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,790
平均値
合計:7,945
単価:616
平均値
合計:13,843
単価:603
安値
基本:1,430
安値
合計:5,670
単価:424
安値
合計:9,515
単価:404

東京都 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,762
平均値
合計:7,862
単価:610
平均値
合計:13,770
単価:600
安値
基本:1,320
安値
合計:4,720
単価:340
安値
合計:10,050
単価:437

神奈川県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,833
平均値
合計:8,118
単価:629
平均値
合計:14,233
単価:620
安値
基本:1,500
安値
合計:6,270
単価:477
安値
合計:10,450
単価:448

新潟県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,960
平均値
合計:9,159
単価:720
平均値
合計:15,975
単価:701
安値
基本:1,760
安値
合計:6,790
単価:503
安値
合計:11,790
単価:502

長野県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,874
平均値
合計:8,859
単価:699
平均値
合計:15,344
単価:674
安値
基本:1,430
安値
合計:7,200
単価:577
安値
合計:11,960
単価:527

山梨県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,764
平均値
合計:8,319
単価:656
平均値
合計:14,643
単価:644
安値
基本:1,320
安値
合計:6,250
単価:493
安値
合計:10,890
単価:479

静岡県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,867
平均値
合計:8,426
単価:656
平均値
合計:14,661
単価:640
安値
基本:880
安値
合計:6,160
単価:528
安値
合計:10,395
単価:476

愛知県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,843
平均値
合計:8,280
単価:644
平均値
合計:14,242
単価:620
安値
基本:1,300
安値
合計:6,314
単価:501
安値
合計:10,505
単価:460

岐阜県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,891
平均値
合計:8,466
単価:658
平均値
合計:14,642
単価:638
安値
基本:1,100
安値
合計:5,830
単価:473
安値
合計:9,636
単価:427

三重県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,876
平均値
合計:8,296
単価:642
平均値
合計:14,182
単価:615
安値
基本:1,430
安値
合計:6,710
単価:528
安値
合計:11,110
単価:484

富山県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,089
平均値
合計:9,706
単価:762
平均値
合計:16,620
単価:727
安値
基本:1,870
安値
合計:7,850
単価:598
安値
合計:12,650
単価:539

石川県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,911
平均値
合計:9,448
単価:754
平均値
合計:16,488
単価:729
安値
基本:1,600
安値
合計:7,032
単価:543
安値
合計:11,919
単価:516

福井県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,865
平均値
合計:9,188
単価:732
平均値
合計:15,893
単価:701
安値
基本:1,210
安値
合計:7,670
単価:646
安値
合計:13,470
単価:613

滋賀県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,904
平均値
合計:8,597
単価:669
平均値
合計:14,826
単価:646
安値
基本:1,596
安値
合計:6,798
単価:520
安値
合計:11,397
単価:490

京都府 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,959
平均値
合計:8,666
単価:671
平均値
合計:14,996
単価:652
安値
基本:1,100
安値
合計:6,404
単価:530
安値
合計:11,137
単価:502

奈良県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,875
平均値
合計:8,059
単価:618
平均値
合計:13,975
単価:605
安値
基本:1,540
安値
合計:6,545
単価:501
安値
合計:11,217
単価:484

大阪府 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,812
平均値
合計:8,010
単価:620
平均値
合計:14,014
単価:610
安値
基本:170
安値
合計:6,300
単価:613
安値
合計:10,945
単価:539

兵庫県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,036
平均値
合計:9,012
単価:698
平均値
合計:15,303
単価:663
安値
基本:1,650
安値
合計:6,655
単価:501
安値
合計:11,165
単価:476

和歌山県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,967
平均値
合計:8,377
単価:641
平均値
合計:14,190
単価:611
安値
基本:1,600
安値
合計:7,050
単価:545
安値
合計:11,450
単価:493

鳥取県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,008
平均値
合計:9,520
単価:751
平均値
合計:16,527
単価:726
安値
基本:1,650
安値
合計:6,570
単価:492
安値
合計:11,060
単価:471

島根県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,113
平均値
合計:9,612
単価:750
平均値
合計:16,573
単価:723
安値
基本:1,870
安値
合計:7,425
単価:556
安値
合計:12,045
単価:509

岡山県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,001
平均値
合計:9,098
単価:710
平均値
合計:15,515
単価:676
安値
基本:1,468
安値
合計:7,254
単価:579
安値
合計:12,320
単価:543

広島県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,938
平均値
合計:8,909
単価:697
平均値
合計:15,044
単価:655
安値
基本:1,430
安値
合計:7,140
単価:571
安値
合計:11,730
単価:515

山口県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,069
平均値
合計:9,418
単価:735
平均値
合計:16,154
単価:704
安値
基本:1,760
安値
合計:7,370
単価:561
安値
合計:12,265
単価:525

徳島県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,965
平均値
合計:8,570
単価:661
平均値
合計:14,758
単価:640
安値
基本:1,430
安値
合計:6,600
単価:517
安値
合計:11,660
単価:512

香川県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,911
平均値
合計:9,060
単価:715
平均値
合計:15,843
単価:697
安値
基本:1,430
安値
合計:7,128
単価:570
安値
合計:12,182
単価:538

愛媛県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,940
平均値
合計:8,669
単価:673
平均値
合計:14,926
単価:649
安値
基本:1,130
安値
合計:6,644
単価:551
安値
合計:11,594
単価:523

高知県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,921
平均値
合計:8,319
単価:640
平均値
合計:14,162
単価:612
安値
基本:1,650
安値
合計:6,820
単価:517
安値
合計:11,825
単価:509

福岡県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:2,022
平均値
合計:8,854
単価:683
平均値
合計:14,915
単価:645
安値
基本:1,540
安値
合計:6,545
単価:501
安値
合計:11,440
単価:495

佐賀県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,920
平均値
合計:8,938
単価:702
平均値
合計:15,116
単価:660
安値
基本:430
安値
合計:5,690
単価:526
安値
合計:9,250
単価:441

長崎県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,859
平均値
合計:9,000
単価:714
平均値
合計:15,651
単価:690
安値
基本:1,300
安値
合計:7,229
単価:593
安値
合計:12,210
単価:546

熊本県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,777
平均値
合計:8,556
単価:678
平均値
合計:14,538
単価:638
安値
基本:1,095
安値
合計:5,710
単価:462
安値
合計:9,660
単価:428

大分県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,882
平均値
合計:8,513
単価:663
平均値
合計:14,596
単価:636
安値
基本:1,600
安値
合計:6,940
単価:534
安値
合計:11,340
単価:487

宮崎県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,780
平均値
合計:9,251
単価:747
平均値
合計:15,887
単価:705
安値
基本:1,157
安値
合計:7,660
単価:650
安値
合計:13,464
単価:615

鹿児島県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,707
平均値
合計:8,962
単価:726
平均値
合計:15,414
単価:685
安値
基本:1,257
安値
合計:7,370
単価:611
安値
合計:12,100
単価:542

沖縄県 2022-06-01
(基本料込)(税込10%)
基本料金 10m3使用額 20m3使用額
平均値
基本:1,761
平均値
合計:9,093
単価:733
平均値
合計:15,882
単価:706
安値
基本:1,100
安値
合計:8,305
単価:721
安値
合計:13,710
単価:631

平均価格と安い相場価格ではこれほど料金が違います。

そして平均価格がここまで高い理由として、いまだに9割以上のガス会社が高値で販売している事が挙げられます。ガス会社によって平均価格を吊り上げられてしまっているのです。
ガス会社のホームページ上で、ガス料金を載せている親切な会社がありますが、 掲載しているのは平均価格になっています。そのため実際の料金とは異なります。
一戸建てと集合住宅では料金が倍以上変わる事もありますし、お住まいの地域によっても変わってきます。
無償貸与契約など、配管や給湯器の設備費用をガス会社が負担しているか、またはご自身で全てお支払いが終わっているかでも金額に違いがあります。あくまでもホームページ上では、様々なパターンの料金の平均値となっています。
ガス会社のホームページを見ると、他のガス会社の営業などに提示されている金額よりもかなり高く見えるのはそのせいです。
逆にホームページ上で料金を載せている会社の方が、良い会社だと言えるのではないでしょうか。
高い料金を設定してくる会社は、こういった情報を一切見せずに、初めは安く、後から平均価格のように高くなっていくのが当たり前になっています。
平均価格を上げているのはそういったガス会社のせいなので、ご自身でガス会社に問い合わせる時には、注意が必要です。
高いか安いかで、シンプルに考えるのが良いでしょう。

相場価格が安いエリアの特徴
  1. 人口が多いと薄利多売できるから安い
  2. 人口密集地域はまとめてボンベの配送ができるから安い

都市ガスは地下の配管を通して供給されています。プロパンガスはガスボンベを設置して供給しているので、各お宅までガスボンベの交換を定期的にしなければならなく、ガス会社はこのボンベの配送に人件費や車両代、燃料費等が掛かってしまいます。それにより、各都道府県で相場価格の違いが生じます。

プロパンガス料金の値上げとなる要因

ここまではプロパンガス料金の内訳詳細や平均価格と安値相場価格についてご説明してきました。次からはいよいよプロパンガス料金の値上げについてです。

まずプロパンガスは原油を輸入し原油から精製されている商品ですので、値上げの要因はたった二つしかありません。

プロパンガス料金の値上げの要因
  1. 原油の輸入額の高騰
  2. 為替レートの変動

このように値上げの要因はとてもシンプルです。

プロパンガス料金の不当な値上げの判断方法

プロパンガス料金の値上げの要因は「原油の輸入額の高騰」と「為替レートの変動」という事は前述の通りですが、普通に生活していても原油額や為替レートを調べるのはなかなか大変な事ですよね。

そんな「原油額とか為替レートなんて分からない!」という方でも簡単にプロパンガス料金の輸入価格が分かる方法をご紹介します。

石油情報センターのwebサイトで原油輸入額を簡単チェック

現実問題、普通に生活している中で原油額や為替レートを意識する事なんて滅多にないと思います。また原油額や為替レートが分かっても、プロパンガス料金にどれ位影響があるか、なんて分からなくて当然です。

しかし原油額や為替レートの知識が無くても、原油輸入額とプロパンガス料金を簡単に確認する事ができます。

参考

石油情報センターHP一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター

参考

プロパンガス料金の動向(毎月5日公表)一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター

こちらでプロパンガス料金の前月比を見る事ができるので、原油額が簡単に確認できます。

経験のある方は注意!こんなガス会社と値上げは不当!?

「毎月、石油情報センターでチェックするのも面倒!」という方のために、不当な値上げをする可能性の高いガス会社と、その手口を以下でご紹介します。こちらもご参考にして下さい。

経験のある方は注意!こんなガス会社と値上げは不当!?
  1. 直近5年間で値上げがあった
    直近5年間では、プロパンガス料金を値上げしなければならないほど原油額は高騰していません。よくニュースで「原油額が高騰しガソリンの価格が高騰」と報道される事がありますが、プロパンガスは通年、そして解約の無い限り何年も供給する物であり、単月の原油額ではなく少なくとも通年を考慮してガス料金を算出しています。優良でしっかりとしたガス会社がガス料金を値上げするほどの高騰ではありません。
  2. 直近5年間で値下げがない
    直近5年間では、原油額が高騰しているどころか下落傾向にあります。優良でしっかりとしたガス会社は、原油額の下落に合わせてきちんと値下げしてくれます。この5年間で値下げの無いガス会社は注意です。
  3. 過去に値上げをされたがその後値下げはしてくれない
    このパターンは非常に多いです。原油額が高騰する度に値上げはするものの、上げたら上げっぱなしで、その後原油額の高騰が落ち着いても値下げをしてくれない。そんなガス会社は注意です。

まとめ

プロパンガス料金のやむを得ない値上げの要因は「原油額の高騰」「為替レートの変動」の2パターンです。この要因以外の値上げは不当な値上げと言えます。

値上げの通知があった際は、石油情報センターで原油額の確認をしましょう。

コメントを残す