【知らないと損】会社員のもらえるお金①

生活節約術

傷病手当金

業務外の病気やケガでの休業中に給付されます。基本給の2/3を最長1年6ケ月受け取れます。
  • 業務外での病気やケガの療養のための休業
  • 連続する3日間を含む4日以上、仕事を休む
  • 休業中に給与の支払いがないこと
画像

ポイント

健康保険組合に申請しましょう。※雇用保険の傷病手当とは違います

高額療養費制度

医療費の自己負担額を超えた分は国から払い戻ししてくれます。
以下は標準報酬月額と自己負担限度額(月額)の表です。
  • 83万円以上=252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
  • 53万円以上=167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
  • 28万円以上=80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
  • 26万円以上=57,600円
  • 住民税非課税者=35,400円
例えば、月の収入が28万円以上53万円未満の人なら医療費でかかる上限は9万円程度だと考えられます。ただし、食事代や差額ベッド代先進医療など対象外の物もあるので注意してください。
画像

ポイント

事前に公的医療保険の窓口で「限度額適用認定証」をもらっておくとより便利です。

療養補償給付

業務中に発生したケガや病気の治療費を保障する制度です。

  • 診察
  • 薬/治療材料
  • 手術/処置
  • 介護
  • 移送等

画像

ポイント

労災保険から給付されます。傷病手当金とは併用できません!

まとめ

もらえるお金を把握しておきましょう。②に続きます。

コメントを残す