生活選択の自由 ファトマグ !

冷房の節約のコツ!

生活節約術

ここ数年は猛暑が多く、更に2020年以降は家で過ごす時間も増え、エアコンはなくてはならない家電です。
使用頻度も多く、電気代も大きい家電ですので、効率の良い上手な使い方を知っておきましょう。

エアコン節約の環境づくり

室内を効率よく冷やすには環境を整えることも大事です。
まず、日中に室内を締め切っていると外気温より室温が高くなることがあります。このような状態から急激に冷やそうとすると電気代非常に多くかかります。この場合は窓を開け少しでも換気してからエアコンをつけて下さい。
また、室内の温度を上げない対策としてすだれや遮光・遮熱カーテンを使うことは非常に効果があります。特に植物を使ったグリーンカーテンは効果抜群です。室内への直射日光を遮り温度の上昇を防ぐだけではなく、建物の壁に熱が蓄積されるヒートアイランド現象も緩和します。
忘れがちなのが室外機の周りの温度です。室外機は室内の熱い空気を外に排出しますが、室外機の周りの温度が高いと排出しずらく電気代が多くかかります。室外機は外壁に密着させず周りには物を置かないようにしましょう。打ち水をしたり直射日光を遮る日よけを使ったりすることで室外機周囲の温度の上昇に役立ちます。
最後に整えてきたい箇所はフィルターです。必ず定期的に掃除をしておきましょう。フィルターをきれいにしておくことで汚れている時よりも約4%の電気代が節約できます。一週間に一度ほど掃除しておけば埃がそこまで溜まることもないでしょう。電気代が無駄にかかることもなくアレルギー対策にもなります。

画像

ポイント

室内の日よけ・室外機の日よけ・フィルター掃除

エアコン節約の使い方

設定温度は1℃下げると電気代を10%節約できるとも言われています。肌寒くなるほど低い温度設定にせず適度な温度にしてください。ただ、最近は猛暑日が多くマスクの着用で体感感度が高い場合もあります。室内を適温にして水分補給をしっかり行い熱中症にならないように注意してください。
節約目的で除湿モードのには気をつけて下さい。エアコンのモデルによって「弱冷房除湿」と「再熱除湿」と機能の違いがあります。「弱冷房除湿」は電気代は安く冷房の効果も出ます。しかし、「再熱除湿」は、除湿をすることが目的で冷房の効果はなく、電気代も高くなります。「再熱除湿」は、梅雨時などの湿度が高いが気温は低く、室温を下げる必要のない場合に使います。自宅のエアコンのモデルがどちらの機能に当てはまるか確認をした上で使ってください。
エアコンの効率の良い使い方で、とても効果が高いのは扇風機と併用することです。エアコンで冷えた空気は室内の下に溜まるので上向きの風を送り室内全体に涼しい風が行き渡るようにしてください。空気が循環することで体感温度も低く感じます。扇風機に使われる電気代は僅かですので、扇風機の併用でエアコンの設定温度を下げることができれば大幅に電気代を抑えられることができます。

画像

ポイント

設定温度の下げすぎ注意・除湿モードは機能を確認・扇風機との併用

エアコンはつけっぱなしの方が得なのか

よく耳にする「エアコンはつけっぱなしの方が節約になる」と言うのは本当なのでしょうか。
これは、エアコンの電源をつける時に多くの電力を使うために言われています。実際、エアコンの起動時には非常に多くの電力を使います。そして室内の温度が一定になれば、それ以降に使う電力は大幅に下がります。そのため短時間に電源を点けたり消したるするのは電気代が多くかかるのは間違いありません。しかし、使う電力が少ないとはいえ電力は使われ続けています。長時間つけっぱなしをしていれば起動時にかかる電力を超えてしまいます。では、何時間だったらつけっぱなしの方が得なのでしょうか。
これは、条件によってまったく結果が違います。猛暑の日に木造の一軒家では、5時間まではつけっぱなしの方がお得だという実験があります。一方、マンションの場合は30分間以上の外出では一度電源を消した方が良いという結果もあります。これは、マンションは気密性が高く室内の温度が一定に保たれやすいためです。つまり、室内の温度が設定温度と大きく差があるときに電力が多くかかるといううことです。ですから、できるだけ室内の温度が高くならないの環境づくりは節約にとってとても大事となります。
ちなみに運転モードは「弱」モードではなく「自動」モードが一番節約です。自動モードで設定温度を維持する電力は非常に少ないです。

画像

ポイント

室内と外気温の差が大きいほど起動時に電力がかかる。外出時は短時間ほどならつけっぱなしがお得。

まとめ

夏の電気代を大きく左右するのがエアコンの使い方です。使用時だけではなく、環境づくりから整え上手に節約していきましょう。

コメントを残す