生活選択の自由 ファトマグ !

エコジョーズ解説!メリット・デメリット

エコジョーズ徹底解説!
給湯器には、電気、石油そしてガスと、色々なエネルギー源で動作する給湯器が出ています。
どの給湯器も高い効率があって、ユーザーに配慮した使い易さを売りにしています。

ガスの給湯器も、従来のガスを燃焼させる給湯器から、熱効率を大幅に上昇させた製品エコジョーズが2002年から販売されました。
以来、各メーカーとも、給湯器をエコジョーズに買い替えてもらおうと、活発な販売活動が行われたようです。

このコラムでは、エコジョーズについて、どうして効率が高くなるかの構造や、気になる価格やランニングコストについてご紹介します。

エネファーム・エコワン・ エコフィール【省エネガス給湯器比較】

1.エコジョーズとは

(1)エコジョーズの使い方

図1では、ガス給湯器を設置したときの、必要機器の配置と配管がどのように接続されるかについて、ご紹介します。

エコジョーズの本体は、図1では壁掛け用として描いていますが、地面に置くタイプ、屋内タイプなど、家の環境に合わせて選べますが、配管・配線が少しずつ異なります。

(2)エコジョーズの構造

図2では、エコジョーズ給湯器と従来型のガス給湯器について、ご紹介します。
図の左側が、従来のガス給湯器で、右側の図がエコジョーズです。

  1. 従来のガス給湯器は、ガスを燃焼させて、燃焼ガス中を水の配管が通り、熱湯として供給されます。排気の温度が200℃と、非常に高くなっていて、燃焼効率は80%です。
  2. 一方、エコジョーズは、ガスを燃焼させて、燃焼ガス中を水の配管が通りますが、熱交換器を2段階にして、温めた水をさらに排ガス中を通すことで熱湯に変えることが、特徴です。
  3. 排気の温度は80℃と大きく下がり、熱効率が95%と非常に高い効率です。
  4. 2つの給湯器を比べると、熱効率が80%と95%と違うことで、燃焼させるガス量を下げることができ、省エネもそうですが、ガス料金が下がることが大事な点です。

(3)エコジョーズの構造説明

図3では、エコジョーズの構造について紹介します。

  1. エコジョーズには、一次熱交換器と二次熱交換器の2系統があります。
  2. 一次熱交換器では、ガスの燃焼温度と配管中の流体との熱交換を行います。
  3. 二次熱交換器では、一次熱交換器でやや温度が低くなった燃焼ガスと、配管中の流体との熱交換を行います。
  4. 給水がエコジョーズに入ってくると、低い温度の給水は二次熱交換器で温められます。
  5. 暖められたお湯は、そのまま一次熱交換器中を通りますので、高いガス燃焼温度で熱せられ、お湯として給湯されます。
  6. 二次熱交換器で燃焼ガスに含まれる水蒸気は、冷やされてドレン化(液化)されます。酸性分が含まれているため、中和器で普通の排水として、ドレン管を通して排水口へ排水されます。
  7. エコジョーズから出る排気の温度は80℃と低く、熱効率95%とという理由が分かります。

2.エコジョーズに掛かるお金

(1)ランニングコスト

(A)前提

ガス給湯器を使ってどのくらいの出費になるか、1ヶ月のガス料金を計算してみましょう。

まずは給湯器を使う前提条件です。計算の前提として4人家族として、給湯器のサイズは24号とします。20号や16号でも、使うお湯の量が同じなら、ガス料金は変わりません。
ただし、シャワー、お風呂わかし、炊事などを同時に使用すると、サイズが小さいとお湯の出が悪くなるなど、不満が出る可能性があります。

計算の前提としては、令和元年の東京都の冬場とします。水温は平均10℃、洗い物はお湯を使い、洗面もお湯を使います。4人家族で、ふろは毎日沸かします。
使用量の表から4人から5人家族として、1日の水の量は680Lを沸かします。
実際に使うときは、風呂は追い焚きや足し湯が使われますが、計算ではそれを省いて進めます。

家族数 使用目安量 合計量
お風呂
(42℃)
シャワー
(42℃)
80L/1人
洗面・
台所
(42℃)
5~7人 1回 200L 7回 560L 280L 1040L
4~5人 1回 200L 5回 400L 200L 800L
3~4人 1回 200L 4回 320L 160L 680L
2~3人 1回 200L 3回 240L 120L 560L
1~2人 1回 200L 2回 160L 80L 440L

表1 家族数とお湯の使用量例

(B)プロパンガスを使ったエコジョーズの場合

設置型式によっては1~2万円程度の差があるものもあります。 エコジョーズがあるものと、ないものの価格差は、24型フルオートで次のような価格差です。

冬場にお湯を沸かす前提として、水温10℃を42℃まで加熱すると考えます。 680 (ℓ)の水を、42℃-10℃=32℃、加熱するために必要な熱量は、1 (ℓ)の水を1℃上げるために必要な熱量は、1kcalです

  • 必要な熱量:680(ℓ)×32(℃)×1(kcal)=21,760kcal
プロパンガスの熱量は、24,000kcal/m3 ですので、680(ℓ)の水を沸かすために必要なプロパンガスの体積量は、
  • プロパンガス使用量:21,760 ÷24,000=0.91 m3(1日当たり約0.9 m3 )

エコジョーズ給湯器を使えば、効率が95%になりますので、

  • 0.91÷0.95=0.95 m3
    (エコジョーズは効率95%ですので、0.95m3となりますが、エコジョーズでないときは、0.91÷0.80=1.14 m3)

の使用量となります。プロパンガスの単価を450円/m3 としますと、1ヶ月に給湯のために掛かる経費は、

  • 0.95(m3)×450円×30日=12,825円
となります。 ガス料金は、基本料金が加わりますが、ここでは基本料金は省きました。なお、プロパンガスが使われる割合は給湯に70%近く使われるという統計もありますので、基本料金を加えた方が、リーズナブルかもしれません。

メ参考のために、春場と秋場に同じ条件で使ったらどうなるか、見てみましょう。

春場の水温は17℃と仮定しますので、冬場の水温5℃の差から、
(42℃-17℃)÷(42℃-10℃)=0.78
すなわち、8割程度のガス量で済みます。1ヶ月のプロパンガス料金は、

  • 12,825 円×0.78=10,000円
となります。 夏はもっと安くなりますが、そもそも680(ℓ)もお湯を使うことがないでしょう。

(C)都市ガスを使ったエコジョーズの場合

今度は都市ガスを使った時はどうなるかについて見てみましょう。

冬場にお湯を沸かす前提として、水温10℃を42℃まで加熱すると想定します。
680 (ℓ)の水を、42℃-10℃=32℃、加熱するために必要な熱量は、1 (ℓ)の水を1℃上げるために必要な熱量は、1kcalです。

  • 必要な熱量:680(ℓ)×32(℃)×1(kcal)=21,760 kcal

都市ガスの熱量は、11,000 kcal/m3 です。680(ℓ)の水を沸かすために必要な都市ガスの体積量は、

  • 21,760÷11,000=1.98 m3(給湯のために約2.0 m3 の都市ガスを使用)

エコジョーズ給湯器を使えば、効率が95%になりますので、

  • 使用量:1.98÷0.95=2.08 m3 /1日=62.5m3/月
    都市ガスの単価は、東京ガスとして、145円/m3(0~20m3)、130円/m3(20~80m3)と想定。
  • 給湯1ヶ月に掛かる経費:(20(m3)×145円)+(42.5(m3)×130円)=8,425円

ガス料金は、基本料金が加わりますが、ここでは基本料金は省きました。
都市ガスが使われる割合は給湯に70%近く使われるという統計もありますので、基本料金を加えた方が実際的かもしれません。

参考のために、春場と秋場に同じ条件で使ったらどうなるか、見てみましょう。

春場の水温は17℃と仮定しますので、冬場の水温10℃の差から、
(42℃-17℃)÷(42℃-10℃)=0.78
すなわち、7.8割程度のガス量で済みます。1ヶ月の都市ガス料金は、

  • 8,425円×0.78=6,572円

となります。

(D)プロパンガスと都市ガスのエコジョーズ給湯器

表2 プロパンガスと都市ガスのエコジョーズの比較
項目 エコジョーズ
(プロパンガス)
エコジョーズ
(都市ガス)
1ヶ月平均料金
(年間の水温17℃)

10,000円
(単価450円/1m3とします)
(給湯680リットル・東京都での使用)

6,572円
(145円/m3(0~20m3)、130円/m3(20~80m3))
(給湯680リットル・東京都での使用)
年間料金 120,000円 78,864円
本体価格 10~30万円 10~30万円
設置費用 4~6万円 4~6万円
耐用年数 10~15年 10~15年

表2で注意することは、地域によって、ガスの単価が異なることです。
表2から、プロパンガスと都市ガスを使った時のエコジョーズの違いは、結局は、1年に掛かるコストだけです。

(2)本体価格と設置費用

エコジョーズの本体価格について、16号から24号まで、オートやフルオートなどの型式で分けて一覧した表を、表3で紹介します。

表3 エコジョーズのサイズ別の本体価格(参考)

16号
型式 販売方式 価格 (円) 備考
給湯専用

メーカー

172,000 標準リモコン含む
ネット 126,346 取替工事込み
オート メーカー 334,000 標準リモコン含む
ネット 187,200 取替工事込み
フルオート メーカー 377,800 標準リモコン含む
ネット 206,100 取替工事込み
20号
型式 販売方式 価格 (円) 備考
給湯専用

メーカー

177,700 標準リモコン含む
ネット 128,800 取替工事込み
オート メーカー 329,000 標準リモコン含む
ネット 198,500 取替工事込み
フルオート メーカー 412,900 標準リモコン含む
ネット 216,900 取替工事込み
24号
型式 販売方式 価格 (円) 備考
給湯専用

メーカー

190,700 標準リモコン含む
ネット 135,200 取替工事込み
オート メーカー 389,000 標準リモコン含む
ネット 206,600 取替工事込み
フルオート メーカー 434,900 標準リモコン含む
ネット 225,400 取替工事込み

*価格元のメーカーやネット販売の会社名は省いていますが、メーカー、ネットとも同じような価格帯です。ネット販売には、製造年は新しくありませんが、本体75%引きというものもあります。

(3)工事価格

ネット販売の場合、工事費込みとしての価格を出していますが、次のような内容です。
標準工事費用の例を挙げてみましょう。

  1. 給湯器機器の交換取付け
  2. ガス・給水・追い焚き管の接続
  3. リモコンの接続工事
  4. 元の給湯器などの撤去・処分費用
  5. 点火などの試験試運転費用

以上の費用は、場所や機器によって異なりますが、3万円から5万円くらいが相場です。
注意点は、旧来型のガス給湯器から、エコジョーズに変えるときは、ドレン配管を接続し、排水口まで敷設する作業が発生して、追加工事として1万円程度余計に負担が増えます。

3.エコジョーズのメリット・デメリット

前章の区分に従った給湯器の価格表を以下に紹介します。

(1)メリット

  • 熱効率が高いため、ガス代が節約できます。
  • 二酸化炭素の排出量が少なく、環境にやさしい。

(2)デメリット

  • 導入費用が従来機と比べ高くなります。
    (24号フルオートでエコジョーズ:43万円、従来機:34万円)
  • ドレン排水の工事が必要になります。
  • ドレン用の中和器を数年~10年単位で、取替が必要です。
    取替費用は1万円~2万円程度。
  • ドレン配管が引ける場所のため、設置場所が限定されます。

まとめ

ガス給湯器について、構造、本体の価格と1ヶ月におよそどれだけのガス料金がかかるか見てきました。
給湯器には、ガス、電気、石油、さらには電気とガスのハイブリッド型など、効率を上げてユーザーに対して、ランニングコストの安さを訴える給湯器が広く行き渡っています。

エコジョーズを選択の検討するにしても、1人暮らしの人と4人家族では、ライフスタイルが全く違いますから、どのような給湯器をを選ぶかは必ずしも同じにはなりません。
結局は、ご自身のライフスタイルに照らし合わせて検討されるのが、ベストです。

また、エコジョーズの効率からガス代の節約に貢献すると紹介しましたが、お風呂の設定温度を下げる、こまめにお風呂のふたをするなど、ガス代の節約する方法を積み重ねることで、ガス代の本当の節約につながるのでしょう。

プロパンガス
消費者生活センター

プロパンガス料金消費者センター

4つの安心!

適正価格

近所で安心

無料代行

値上防止

プロパンガス消費者生活センターへ!

ご相談・加盟ガス会社への変更費用はすべて無料!

一戸建て/物件オーナー様専用

プロパンガス消費者生活センターHP
無料ご相談メールフォームへ
TEL:0120-926-341
かんたん!料金診断はこちら!

コメントを残す