生活選択の自由 ファトマグ !

アパートやマンションのプロパンガス料金削減の手引き

アパートやマンションの集合住宅にお住まいの方は、毎月高いプロパンガス料金でお悩みの方も多いのではないでしょうか?アパートやマンション等の賃貸物件は、入居者はガス会社を選ぶ事ができず、建物1棟で大家さんがガス会社を決めていますので、高値の料金設定をされている事がほとんどです。

一戸建て持ち家の場合は自由にガス会社を選べるので安いガス会社と契約でき簡単ですが、アパートやマンションの場合は大家さんの許可を得なきゃいけない等、少々大変な部分も御座いますが、ガス料金削減の有効な方法をご紹介していきますので、是非ご参考にして下さい。

アパートやマンションの入居者はガス会社を選べません

一戸建ての持ち家の場合は自由にガス会社を選ぶ事ができますが、アパートやマンション等賃貸物件の場合は、大家さんが建物1棟でガス会社を決めているので、入居者さんは自分の世帯だけガス会社を選び変更する事ができません。

ガス会社を決める権利を持っているのは大家さん

アパートやマンションの賃貸物件もそうですが、一戸建ての賃貸の場合も賃貸物件はあくまでも大家さんの所有物になるので、大家さんがガス会社を選ぶ権利を持っていて、入居者さんがガス会社を選ぶ事ができません。

アパートやマンションは建物1棟丸ごと変更が必要

「各世帯でガスを契約するんだから自分の世帯だけ変えれないの!?」と疑問に感じ方も多いかと思いますので、建物1棟でガス会社を決めないといけない理由をご説明致します。

ガスを通すにあたり、お建物内にガスの配管を通す必要があり、そのガス配管工事の施工はガス会社が担当します。そしてガス会社は配管工事をした後も配管の安全の管理をする事になります。

1つの建物に違うガス会社が2社以上入れない理由はここにあります。 例えばA社とB社というガス会社があるとします。その場合「どこからどこまでの配管をA社が管理する。どこからどこまでの配管をB社が管理する。」という事ができないので、建物1棟でガス会社は1社しか入れない事になります。

アパートやマンションのプロパンガスが高い理由

アパートやマンション等集合住宅にお住いの方の多くが「プロパンガス料金高いなぁ」と感じた事があるのではないでしょうか?そう感じるのはあながち間違いではなく、現実問題アパートやマンション等の集合住宅は、一戸建てのプロパンガス料金より高く設定されてしまっているケースが非常に多いです。

「同じプロパンガスって商品なのになんで一戸建てより高いの」と疑問に感じるのは当然です。ではアパートやマンションの集合住宅が一戸建てよりプロパンガス料金が高くなってしまう理由についてご説明していきます。

入居者がガス会社を選べないから高い

冒頭からご説明していますが、アパートやマンション等集合住宅の場合、大家さんが建物1棟でガス会社を決めており、入居者さんがガス会社を選び変更する事ができません。つまり入居者さんはどれだけガス料金が高くてもそのガス会社を使うしかありません。

当然このからくりはガス会社も熟知しており、ガス会社としては大家さんの気持ちだけ掴んでおけば良いので、アパートやマンションのガス料金は高値で設定しています。

設備費用が上乗せされているから高い

アパートやマンション等集合住宅のプロパンガス料金が高い理由のひとつに「設備費用の上乗せ」があります。

まずプロパンガスを利用するにあたり建物に配管を通す必要がありますが、集合住宅は一戸建てより建物が大きい分、配管の費用も高額になってしまいます。

そしてガス会社にとってアパートやマンションの集合住宅は一度にまとめて顧客が獲得できる上、大家さんの気持ちさえ掴んでおけば良いので「おいしい物件」になります。

そこでガス会社は大家さんの気持ちを掴む為に、ガスの配管をはじめガス給湯器やトイレウォシュレットやテレビモニター付きドアフォン等、様々な設備を大家さんに投資します。 しかし様々な設備をガス会社もタダで入手できる訳はなく、当然メーカーから購入していますので設備投資分の費用も回収しなければなりません。 その設備投資の回収方法は「入居者のガス料金に上乗せして回収」しか方法はないので、アパートやマンションのプロパンガス料金が高くなってしまう要因です。

アパートやマンションのプロパンガス料金を安くする方法は?

これまでアパートやマンションのプロパンガス料金について、自分でガス会社を選べない事や集合住宅のプロパンガス料金が高い理由について、ネガティブなご説明が続いていましたが、これよりアパートやマンションでもガス料金を削減できる方法をご紹介していきます。

現ガス会社への料金交渉は無駄

これまでのご説明でアパートやマンションの集合住宅は建物1棟で大家さんがガス会社を決めているので「そんな大家さんの許可を得てガス会社を変えるより今のガス会社に交渉して安くしてもらえばいいんじゃない!?」と思う方も多いと思います。

しかしガス会社も入居者さんがガス会社を変更できない事も分かっていますし、高値で販売しているガス会社からしたら値下げするメリットはありません。 ガス会社にとって値下げは、メリットがないどころか大きなデメリットしかありません。

デメリット
・純粋に利益が減り設備投資等の費用が回収できなくなる
・1世帯だけ値下げした事が他の入居者に分かったらクレームの要因になる
・安くできるなら過去分のガス料金を返金してくれ等新たなクレームの要因になる

この様にガス会社にとっては大きなデメリットしかないので、ほぼ交渉に応じてくれる可能性は0%に近いです。

大家さんに頼んで建物1棟で安いガス会社に変更

現在契約中のガス会社は、入居者さんがガス会社を変更できない事等熟知しているプロパンガスの専門家になり、料金交渉に応じてくれる可能性が極めて低いので、専門家のプロパンガス屋に交渉するより、プロパンガスに関しては素人の大家さんを説得に時間と労力を費やした方が得策と言えます。

アパートやマンションのガス会社変更方法

それではアパートやマンション等集合住宅のガス会社の変更の成功のコツをご説明していきます。

大家さんに負担が掛からない事をアピール

大家さんはガス会社変更による不動産経営の資金的な負担や、入居者さん全員へのガス会社変更の通知など労力的負担も気にしています。

大家さんと現在のガス会社と設備投資の契約が残っている場合は別ですが、基本的にガス会社の変更に費用は掛からず大家さんへの負担はありません。また設備投資の契約が残っていて清算金が必要な場合も、新しいガス会社が負担してくれるケースもあります。

また入居者さんへのガス会社変更の通知やお知らせも新しいガス会社が行ってくれるので大家さんの手を煩わす事もありませんので、費用負担も労力的負担もない事をアピールする事はとても大切です。

入居者同士で協力して交渉すると成功率大幅UP!

お一人での大家さんへの交渉は大家さんから見ると「多数入居者さんがいる中の一人の少数意見」と受けられてしまい、交渉に応じてくれる可能性は低いです。

そこでしっかりと意見として受け取ってもらうように入居者同士で交渉すると「入居者さん達の意見」として受け取ってもらえる可能性は大幅に上がります。

入居者との協力の仕方ですが、他の入居者さんとお話しできる仲であれば直接話し、協力していけますが、関係値が無い仲で各入居者さんとお話するのは大変だと思います。

そこで一つの方法として、簡単な同意書を作り各入居者さんの郵便受けに投函し、部屋番号とお名前を記載頂き、自分の郵便受けに投函してもらう方法が比較的スムーズだと思います。

現ガス会社の値下げ対応は絶対にタブー!

大家さんがガス会社変更の交渉に応じてくれて対応してくれている中で、必ずと言っていいほど「今のガス屋さんが幾らまで安くしてくれるそうです。」というお話が必ず出てきます。面倒な変更もしないで今のガス屋さんで安くなるなら願ったり叶ったりと感じてしまいますが、現在のガス会社の値下げ対応は絶対にタブーです!!

冷静に考えてみて下さい。

Q.ガス会社に自分で料金交渉しても下げてくれないのに、なんで大家さんが言ったら値下げしてくれるの?
A.大家さんはガス会社を決める決定権を持っているので、大家さんからクレームが入ったら対応しないとガス会社を変えられてしまうからです。

Q.今まで高値だったのになんで急に安くできるの?
A.元々高値で販売し経営しているガス会社です。安値で販売なんてできません。大家さんからクレームが入ったら対応しないとガス会社を変えられてしまうからです。

Q.安くして赤字分になったガス料金はどこから徴収するの?
A.高値で販売し利益を上げていたガス会社です。安くして赤字分になるのは当然です。ではその赤字分はどこから徴収するのでしょうか?入居者さんのガス料金から徴収するしか方法はありません。再び度重なる値上げをされ赤字分を補填する為に、元のガス料金より高くなってしまいます。

大家さんからクレームが入ったガス会社は、ガス会社を辞められて変更されては困るので、あの手この手を使って大家さんを説得します。そして大家さんもプロパンガスに関してはプロではないので、ここで述べている事は知らない事がほとんどなので「現在のガス会社が値下げしてくれるなら問題解決」と思ってしまいます。

大家さんより現在のガス会社の値下げ案がきたら上記をしっかり伝え、変更してもらうように交渉していきましょう。

一番大切なのは諦めないで粘り強く交渉する事

ここまで色々とご説明してきて、アパートやマンションのガス会社の変更交渉は大変で面倒だと感じるように、大家さんも同じ人間なので面倒と感じてしまいます。

大家さんの中にはガス会社から設備投資をしてもらい、その設備投資費が入居者さんのガス料金から徴収されている事を知らず、恩義すら感じてしまっている方も大勢います。

こういった事情からなかなか交渉がスムーズにいく事は少ないかもしれませんので、一番大切なのはちゃんと大家さんと向き合い諦めないで粘り強く交渉する事です。

まとめ

アパートやマンションの集合住宅は、建物1棟で大家さんがガス会社を決めているので、自分の部屋だけガス会社を変更する事はできず、当然ガス会社も熟知しているのでプロパンガス料金が高値なケースが非常に多いです。

まずは安いガス会社に変更してもらうようお一人で大家さんに交渉し、少数意見として交渉に応じてくれない場合は、入居者さんと協力して大家さんに交渉してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です