生活選択の自由 ファトマグ !

簡単♪プロパンガスの申し込み方法 開栓や閉栓の各契約の詳細

プロパンガスの各種契約のお申し込みは、都市ガスと比較し少し面倒な部分もあります。各種契約のお申し込み方法と、知ってお得な便利情報もこちらでご紹介していきたいと思います。

各種契約のお申し込みについて

都市ガスは東京ガスや大阪ガス等大きな都市ガス会社が主となり、契約ガス会社も分かりやすく連絡先も分かりやすいですが、プロパンガスは各地域で沢山のガス会社があるので、ご入居される物件がどの会社なのか?等お調べしなければなかったり、また一戸建てとアパートやマンション等集合住宅での契約お申し込みが若干異なる部分もあったり、都市ガスの契約と比べ少し大変ですので、各種お申し込み手順のご説明をしていきます。

まずは契約しているガス会社をチェック

上記でも触れている通り、プロパンガスは都市ガスと比較し各地域で何十社や地域によっては100社を超えるガス会社があり、まずはご自宅やご入居先がどのガス会社と契約しているか確認する必要があります。

    ◆契約しているガス会社を調べる方法
  • 既に入居契約している場合は検針票や領収書に書いてあります
  • 未入居の場合は不動産屋や管理会社に尋ねる
  • お家についているガスメーターやガスボンベを見て確認する

調べた結果、検針票とボンベとメーターで違うガス会社が記載されているケースがありますが、こちらはガス販売会社とガス供給会社の違いになります。

ガス販売会社とガス供給会社の違い

プロパンガス会社は、ガス販売会社とガス供給会社の2種類があります。

MEMO
・ガス販売会社⇒検針票や領収書等に記載してあるガスを販売するガス会社です。
・ガス供給会社⇒ガスボンベを提供するガス会社になり検針票等には載っていません。

●なぜ販売会社と供給会社に分かれるの!?

プロパンガス会社がなぜ販売会社と供給会社に分かれている理由ですが、様々なケースが御座いますが主な例を二つあげてご説明します。

①ガスを仕入れている大手ガス供給会社が販売業務や保安業務等を販売店に委託している

まずプロパンガス会社には保安供給可能エリアと言って、ガス器具の不具合等何かガス周りでトラブルがあった際は、保安距離内に営業所があってすぐに駆けつけられる状態でないと供給できません。

供給先のお建物からガス会社の営業所が遠くてもおおよそ約20分~30分以内にないといけません。
距離で言うと高速道路や市道によって異なりますが約20キロメートル位で、意外と狭い範囲になります。
このようにガス会社の供給エリアは非常に狭く、大手のガス会社でも各地域に営業所を作り供給する事は現実問題不可能に近いです。
そこで大手ガス供給会社が、各地域のガス販売店にご請求の販売業務や保安業務等を委託し、販売業務と供給業務を別に行って供給しています。

②町の小さい販売店が大手供給会社からガスを仕入れ販売している

プロパンガスは原油から精製しており、誰でも直接プロパンガスを仕入れられる訳ではありません。どの業界も似たような卸しの縮図になりますが、プロパンガス業界も同様に大手ガス会社がガスを仕入れ、そこから中堅のガス会社に卸し、中堅のガス会社から町の販売店に卸すという形になります。
町の販売店が自社のボンベを持つ事は、ボンベ購入費やボンベのガス充填費用や、各家庭に設置してあるボンベの交換の人件費や車両代等が様々な費用が掛かってしまう為、非常に難しいです。
そこで町の販売店さんはガス供給会社からガスを仕入れ供給を委託しています。

これまでのご説明で、契約しているガス会社を調べる方法は分かったと思いますので、次にいよいよ各種お申し込みのご説明をしていきます。

開栓閉栓のお申し込み手順

開栓と閉栓のお申し込みはご契約されているガス会社に電話で連絡し、開栓や閉栓の連絡を入れるだけで大丈夫です。

開栓や閉栓に間に合わなくなってしまわないように、念のため開栓や閉栓希望日の1週間前には連絡しましょう。

ご注意!解約まで1週間必要な1週間ルール

プロパンガス会社の解約方法は解約連絡をするだけでとても簡単ですが、ここで1点ご注意点があります。

解約のお申し込みから実際に解約できるまでの期間に1週間ほど掛かる「1週間ルール」というものがあります。
1週間ルールとは「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(液石法)施行規則」の第16条 十五の三項にあり、原文は以下の通りになります。

「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(液石法)施行規則」の第16条 十五の三項
新たに一般消費者等に対し液化石油ガスを供給する場合において、当該一般消費者等に液化石油ガスを供給する他の液化石油ガス販売事業者の所有する供給設備が既に設置されているときは、一般消費者等から当該液化石油ガス販売事業者に対して液化石油ガス販売契約の解除の申し出があってから相当期間が経過するまでは、当該供給設備を撤去しないこと。
参考

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律施行規則電子政府の総合窓口

なんだかちんぷんかんぷんな事が書いてありますが要約すると「解約の申し込みから実際のボンベとメーターの撤去まで相当期間を空けて下さい」という内容です。その「相当期間」が概ね1週間という事になります。

お引っ越し等で間に合わなくなってしまわないように、できれば余裕をもって10日前くらいには解約の連絡をしておいた方が良いと思います。

新築時の新規ガス契約のお申し込み

新築時のガス会社との契約お申し込みは、配管工事や給湯器等ガス器具の設置等ガス会社に施工してもらわなきゃいけないので、お建物を建てるのと同時に進行していく必要があります。まずはご自身でガス会社を決めて、建築屋さん等に取りつけばそこからは建築屋さんとガス会社で打ち合わせをして進行してくれます。

新築時のガス会社選びは重要!?ガス配管や給湯器の無償貸与契約とは?

新築時のガス会社選びはとても重要です。新築時は9割以上の方が、ガス配管や配管工事費や給湯器等の初期費用をガス会社に無償で設置してもらう「無償貸与契約」と言う契約に申し込みをする形になります。

無償貸与契約とは、ガス配管工事や給湯器等の初期費用を、ガス会社に負担してもらう代わりに10年~15年そのガス会社を使う契約になります。

年数を経過するごとに初期費用は減価償却していき、契約年中にガス会社の解約や変更をする際は、残っている年数分の残債を清算し配管と給湯器を買い取って辞める形になります。もちろんガス会社に負担してもらわずに、ガス配管や給湯器をご自身で購入した場合は、こういった契約年数で縛られずいつでもガス会社を解約や変更できますし、最安値のガス従量単価でご利用したい場合は自己購入がお勧めです。

無償貸与契約の清算金の計算方法

例:初期費用30万円 契約年数:10年 経過年数5年 の場合
初期費用30万円÷120ヶ月(10年)=1ヶ月の償却金額2,500円 1ヶ月の償却金額2,500円×60ヶ月(5年経過分)=減価償却費15万円 初期費用30万円-減価償却費15万円=残債清算金額:15万円
一般的な計算式はこのような感じですが、ガス会社や契約内容によって詳細は異なりますので、お申し込みの前にガス会社にしっかり契約内容を確認しましょう。

また、ガスの配管や給湯器をガス会社もタダで入手できる訳ではなく、もちろんメーカーから購入してきて、当然ガス会社も設置費用は掛かります。そしてガス会社がその配管や給湯器費用を回収する方法はガス料金から回収するしかありません。

良心的でちゃんとしたガス会社は、ガスの配管や給湯器の初期費用の見積もりの際に「無償貸与でなく自己購入して頂ければ単価300円で大丈夫ですが、無償貸与の場合は単価400円でお願いします。」等しっかり明朗会計で説明してくれますが、逆に悪徳業者は「無償でつけますし単価も300円でいいですよ」位しか説明せず、契約後に値上げを繰り返し原価以上に回収されてしまう事が多いのでお気を付け下さい。

中古物件購入時の開栓契約のお申し込み

中古物件購入時の開栓のお申し込み方法は、入居する物件にメーターがついているかついてないかで変わってきます。

MEMO
メーター無し:契約しているガス会社が無いので新たにガス会社を探して契約お申し込み
メーター有り:メーターに記載してあるガス会社に連絡し開栓のお申し込み

中古物件で多いケースは、ボンベはガスが入っていて危険物なので撤去はされていますが、メーターがついている事がほとんどです。ガス会社はガスメーターを残しておく事によって「この物件はうちのお客さんですよ」とマーキング的な役割になるので、残しておく事が多いです。万が一メーターにガス会社名が書いてない場合は、不動産屋さんや売り主様に聞くとお分かりになると思います。

ガス会社変更切替のお申し込み

ガス会社変更切替のお申し込みは一番面倒なイメージがあると思いますが、実は一番簡単です。新しく契約するガス会社が「委任状」や「お申し込み書」を持っていますので、その書面を提出して頂くだけで、現在契約中のガス会社の解約連絡から、現在ついているガスボンベとメーターがガス会社の所有物になり撤去依頼も、新しいガス会社が代理で行ってくれるので、消費者様は委任状を提出しあとは切替日を待つだけと、とてもお手続きが楽です。

アパートやマンションの各種お申し込み方法

アパートやマンション等の集合住宅は、建物1棟でガス屋さんと契約してますので、建物で決まってるガス会社に連絡し、各種お申し込みお手続きをする形になります。入居時にガス会社を知らせてくれる事がほとんどですが、知らされてない場合は、不動産屋さんや管理会社に尋ねてみるか、一戸建てと同じようにガスメーターを確認し、そこに書いてあるガス会社に連絡しましょう。

集合住宅のガス会社変更切替は建物一棟でお申し込み

アパートやマンションの集合住宅にお住まいの方で「料金が高いからガス会社を変えたいなぁ」と思っている方はたくさんいると思います。

しかしアパートやマンションは、1部屋ごとにガス会社を変更する事はできず、建物1棟でガス会社を変更する必要があります。

そしてそのガス会社を決める決定権を持っているのは大家さんになりますので、ガス会社の変更の申し込みをしたい場合は、大家さんの意向ありきになりますので、まず「ガス料金が高いので安いガス会社に変更をご検討頂けませんか?」等大家さんにご提案してみるといいと思います。

まとめ

ガス関係の各種お申し込みは契約してるガス会社に連絡する形になりますので、まずはご自宅が契約してるガス会社を調べて、ガス会社に連絡しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です