生活選択の自由 ファトマグ !

プロパンガス 値上げ!?トラブル続出 不当な価格設定について

東京ガス等大手の都市ガス会社は、原料費調整制度の料金体系なので、毎月輸入額に応じてしっかりプラスマイナスされる料金体系で明朗会計ですが、プロパンガスはまだ原料費調整制度を導入しているガス会社は少なく、値上げのトラブルが多いのが現状です。 今回はプロパンガス料金の値上げについてのご説明と、不当な値上げ防止対策についてお話していきます。

プロパンガスはガス屋さんが価格を決める自由価格

まずはプロパンガス料金についてご説明していきます。

2017年4月に都市ガスも自由化し自由価格となりましたが、プロパンガスは昔から自由価格の商品です。

MEMO
公共料金 国や地方公共団体が定める一律の料金
自由価格 各事業者が料金を自由に定める料金

つまり、プロパンガス料金は昔から各ガス会社が自由に価格を自由に定めて販売しています。ガス料金の値上げや値下げについてもガス会社が自由に決める事ができます。

都市ガスは毎月原料費調整額で上乗せ値上げされています
現在は都市ガスも自由化され自由価格の商品ですが、自由化する前も都市ガスは公共料金なので値上げが無いと思っている方も少なくないと思いますが、都市ガスは原料費調整制度を適応した料金体系で、毎月輸入額に応じてガス料金が上下し、しっかりと輸入額に応じて値上げや値下げをしています。
MEMO
原料費調整制度とは?
LNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)において、原料費は為替レートや原油価格の動きによって変動します。原料費調整制度はこうした原料費の変動に応じてガス料金を調整する制度です。

プロパンガス料金の内訳

次にプロパンガス料金の内訳がどんな料金で構成されているかですが、プロパンガス料金も都市ガス料金も主に、基本料金と1m3の従量単価で構成されています。

基本料金:使用量問わず毎月掛かる料金
1m3従量単価:ガスの使用料金

から構成されていますので単純計算の 基本料金+(1m3単価×使用量)=合計ガス料金 になります。

都道府県別プロパンガス平均価格と安値相場価格

プロパンガス料金の値上げに関して、まずは基準となる各都道府県別の平均価格と安値相場価格についてご説明していきます。

平均価格と安い相場価格ではこれほど料金が違います。

そして平均価格がここまで高い理由として、いまだに9割以上のガス会社が高値で販売していて、ガス会社によって平均価格を吊り上げられてしまっています。
ガス会社のホームページ上で、ガス料金を載せている親切な会社がありますが、 掲載しているのは平均価格になっていますので、実際の料金とは異なります。
一戸建てと集合住宅では料金が倍以上変わる事もありますし、お住まいの地域によっても変わってきます。
無償貸与契約など、配管や給湯器の設備費用をガス会社が負担しているか、全てお客様ご自身でお支払いが終わっているかでも金額に違いがありますので、あくまでホームページ上では、様々なパターンの料金の平均値となっています。
ガス会社のホームページを見ると、他のガス会社からきた営業などに提示されている金額よりだいぶ高く見えるのはそのせいです。
逆に、ホームページ上で料金を載せている会社の方がいい会社だと思います。
高い料金を設定してくる会社は、こういった情報を一切見せずに、初めは安く、後から平均価格のように高くなっていくのが当たり前になっています。
平均価格を上げているのはそういったガス会社のせいなので、ご自身でガス会社に問い合わせる時には、気を付けて下さい。
消費者様は高い安いでシンプルにお考えになられると良いと思います。

相場価格が安いエリアの特徴
  1. 人口が多いと薄利多売できるから安い
  2. 人口密集地域はまとめてボンベの配送ができるから安い

都市ガスは地下の配管を通して供給されていますが、プロパンガスはガスボンベを設置して供給しているので、各お宅までガスボンベの交換を定期的にしなければならなく、ガス会社はこのボンベの配送に人件費や車両代や燃料費が掛かってしまうので、各都道府県で相場価格が違ってきます。

プロパンガス料金の値上げとなる要因

プロパンガス料金の内訳詳細や平均価格と安値相場価格についてご説明してきましたが、いよいよプロパンガス料金の値上げについてご説明していきます。

まずプロパンガス料金の値上げの要因についてですが、プロパンガスは原油を輸入し原油から精製されている商品ですので、値上げの要因はたった二つしかありません。

プロパンガス料金の値上げの要因
  1. 原油の輸入額の高騰
  2. 為替レートの変動

このように値上げの要因はとてもシンプルです。

プロパンガス料金の不当な値上げの判断方法

プロパンガス料金の値上げの要因は「原油の輸入額の高騰」と「為替レートの変動」という事がお分かり頂けたと思いますが、普通に生活していてもなかなか原油額や為替レートを調べるのは大変だと思います。

そんな「原油額とか為替レートなんて分からない!」という方でも簡単にプロパンガス料金の輸入価格が分かる方法をご説明します。

石油情報センターのwebサイトで原油輸入額を簡単チェック

現実問題、普通に生活している中で原油額や為替レートを意識する事なんて滅多にないと思います。また原油額や為替レートが分かっても、プロパンガス料金にどれ位影響があるかなんて分からなくて当然です。

しかし原油額や為替レートの知識が無くても、簡単に原油輸入額とプロパンガス料金が簡単に確認できますのでご安心下さい。

参考

石油情報センターHP一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター

参考

プロパンガス料金の動向(毎月5日公表)一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター

こちらでプロパンガス料金の前月比が確認できますので簡単に原油額が確認できます。

経験のある方は注意!こんなガス会社と値上げは不当!?

「毎月、石油情報センターでチェックするのも面倒!」って方もご安心下さい。不当な値上げをする可能性の高いガス会社と、不当な可能性が高い値上げの仕方をリストにしますので、こちらもご参考にして下さい。

経験のある方は注意!こんなガス会社と値上げは不当!?
  1. 直近5年間で値上げがあった
    直近5年間では、プロパンガス料金を値上げしなければならないほど原油額は高騰していません。よくニュースで「原油額が高騰しガソリンの価格が高騰」と報道される事はけっこうありますが、優良でしっかりしたガス会社は、プロパンガスは通年そして解約の無い限り何年も供給する物ですので、単月の原油額ではなく少なくとも通年を考慮してガス料金を算出していますので、プロパンガス料金を値上げするほどの高騰ではありません。
  2. 直近5年間で値下げがない
    直近5年間では、原油額が高騰しているどころか下落傾向にあります。優良でしっかりしたガス会社は、原油額の下落に合わせてちゃんと値下げしてくれます。この5年間で値下げの無いガス会社は注意です。
  3. 過去に値上げをされたがその後値下げはしてくれない
    このパターンは非常に多いです。原油額が高騰する度に値上げはするものの、上げたら上げっぱなしで、原油額の高騰が落ち着いたにも関わらず、値下げをしてくれないガス屋さんは注意です。

まとめ

プロパンガス料金のやむを得ない値上げの要因は「原油額の高騰」「為替レートの変動」の2パターンです。この要因以外の値上げは不当な値上げと言えます。

値上げの通知があった際は、石油情報センターで原油額の確認をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です