生活選択の自由 ファトマグ !

LPGとプロパンの違いって!?

プロパンガスは2017年現在、日本全国の約2400万世帯で使用されています。日本全体の世帯数は約5700万世帯(平成28年度)なので約40%のご家庭で使用されているということになります。よく耳にするプロパンガスやLPGやLPガスに違いはあるのでしょうか。

LPGとプロパンの違いって!?

一般的にご家庭で使用されているプロパンガスはお湯を沸かしたり、料理をしたり、部屋を暖めたりと生活の必需品ですね。またLPGやLPガスという名前も聞いたことがあるかもしれません。プロパン?LPG?LPガス?

今回はプロパンとLPG(LPガス)の違いから都市ガスとの違いまでズバリご紹介します!

ズバリ!

LPG(LPガス)とプロパンガスは同じです!

そ、そうだったんですね..。意外でした。LPガス、プロパンガスどちらも全く同じものを指しています。ちょっとややこしいですね。そもそもLPガスのLPって何?と思います。

MEMO
LPG(LPガス)とプロパンガスはまったく同じ!

LPガスのLPはLiquefied Petroleumの略です。日本語にすると「液化石油ガス」と言います。石油ガスを圧縮すると液体化します。その液体化した石油ガスをLPG(LPガス)と呼んでいます。

プロパンガス(LPガス)とは

プロパンガス(LPガス)の基礎知識

プロパンガスはLPGやLPガスと全く同じということでしたが、なぜ同じなのに名前が違うのでしょうか。それにはプロパンガス(LPガス)の成分と関係があります。

一般家庭用LPガスの主な成分は、プロパン・ブタンなどで、80%以上がプロパンとなっています。そのことからLPガス=プロパンガスという名称が一般に広がっていったということです。

プロパンガスや石油ガス、メタンガスなどは化石燃料と呼ばれています。みなさがよく知っているガソリンなども化石燃料から精製されます。

化石燃料の種類
  • 石炭
  • 石油
  • 天然ガス
  • メタンハイドレート
  • シェールガス

などが化石燃料と呼ばれています。化石燃料は長時間かけてつくられ、その化石燃料からプロパンガスは生産されます。化石燃料からできたプロパンガスは気体の状態ですが、冷やすことで液化し体積を減らすことができます。体積を減らせば、効率よく運搬することが可能になりますね。

プロパンガスの生産方法

続いてプロパンガスの生産方法をみていきましょう。

①油田に滞留しているガスから分離・回収 ②天然ガスから分離・回収 ③原油精製過程で分離

上記の3つの方法があります。そして現在は石油から約70%天然ガスから約30%生産されています。

プロパンガスが家庭に届くまで

一般的なご家庭にあるプロパンガスはどのように運ばれてくるのでしょうか。生産は主に海外で行われていることがわかりました。(日本でも生産している所もあります。詳しくは後述)約75%が海外からの輸入、残り約25%が国内生産となっています。

プロパンガス供給プロセス

  1. 産油国で作られたプロパンガスを低温液体化し専用タンカーで輸入基地(1次基地)に運ばれる
  2. 国内で作られたプロパンガスも低温液体化し輸入基地(第1次基地)に運ばれる
  3. 第1次基地に貯蔵されたガスは常温に戻しコースタルタンカー(内航船)によって2次基地へ運ばれる
  4. 2次基地でタンクローリーに移し替える
  5. 全国各地にある3次基地へと運ばれる
  6. 3次基地(充填所)でボンベに詰め各家庭へ

上記のように産油国で生産されたプロパンガスが各家庭へ届けられています。思ったよりもスケールが大きく複雑な過程をへて届けられていますね!また、このプロセスは大まかに分けて3つの業者によって行われています。

  • プロパンガスを輸入する元売業者
  • プロパンガスをボンベに充填する卸売業者
  • プロパンガスを家庭に販売する小売業者

そして元売り→卸売→小売と順番に業者の数も増えていきます。

え!?主な輸入元は中東の産油国じゃない!

プロパンガスの主な輸入元を調べてびっくり!中東の産油国だろうと勝手に思っていました。化石燃料から作られるプロパンガスなので当然そう思ってたんです。

プロパンガスの主な輸入元

参考

国別LPガス輸入構成比(2016年度)日本LPガス協会

国名 輸入量(%)
アメリカ 37.9%
UAE 16.8%
カタール 15.4%
クウェート 11.4%
サウジアラビア 10.3%
東ティモール 2.9%
オーストラリア 2.7%
その他 2.6%
国別LPガス輸入構成比(2016年度) [出典:日本LPガス協会 URL:http://www.j-lpgas.gr.jp/genzai/supply.html]

な、な、なんと!日本のプロパンガス輸入元1位はアメリカです!!これには正直おどろきました。よくよく調べると、近年のシェール随伴LPガスというものがあるようです!

シェールガスとは

頁岩(シェール)層から採取される天然ガス。多くは深さ 1500m以上の場所に賦存する。頁岩は,数億年前に海底や干潟に堆積した有機物に富む泥土で,シルトや粘土の細かい粒子からなる堆積岩である。長い年月の間に泥土層はさらなる堆積物によって深く埋没し,泥土は熱と圧力の作用で頁岩に変成し,有機物は天然ガスとなった。
参考

シェールガスコトバンク

難しい専門的な言葉がありますが、つまり、今ほっている化石燃料(油層やガス層)よりももっと深いシェール層にあるガスのことを指しています。

2011年ごろまでは少量の輸入しかありませんでしたが、それ以降増大していった背景にはシェール革命が隠されています!シェール革命が起き、シェールガス採掘の過程で生み出され回収されるLPガスが各段に上がっていっていきました。そして2016年度では、中東産油国を抑えどうどうの1位となりました!

LPG(LPガス)と都市ガスの違い

プロパンガスとLPガスは違いがまったくなく、むしろ同じものを指していました。都市ガスとプロパンガスの違いはどのようなものでしょうか。違いをみてみましょう!

細かい違いはたくさんありますが、一番大きな違いは「供給方法」にあります!

供給方法

プロパンガスは3次基地でボンベに充填し各家庭へ運ばれます。一方、都市ガスは港の貯蔵庫から最終的なご家庭まで配管によって運ばれます(導管ネットワーク)。道路の下に設置されている配管を通して気体のまま家庭に運ばれるので、その配管が整備されていない地域などでは使用できません。

MEMO
LPガスは分散型供給、都市ガスは系統供給

プロパンガスは分散型供給なので、全国どこでも配給可能です!一方、都市ガスは導管で供給するため、導管が設置されていない場所やできない場所などには供給することこができません。現在日本でのカバー率は約5%と言われています。

プロパンと都市ガスのおもな違い

都市ガス プロパンガス
主成分 メタン(CH4)を主成分とする天然ガス プロパン(C3H8)、ブタンを主成分とする液化石油ガス
発熱量 102 MJ/m3 45 MJ/m3
性質 -162度に冷却すると液体になる -42度に冷却すると液体になる
性質2 -162度で液化すると体積が1/600になる -42度で液化すると体積が1/250になる
供給方法 体積の小さい液体状態で一度に輸入する。
気化したものを導管ネットワークを通じてお客様へ 液体のままボンベに詰めて運び、使用時に気体にして使用
臭い 無臭(ただしガス漏れ等が起きた場合に気付くように臭いが付けられている)
重さ 空気より軽い 空気より重い

都市ガスは空気より軽くプロパンは空気より重いので、ガス漏れ等発生した場合に滞留する場所が違います。それにより報知器の設置場所も違ってきます。また、発熱量が違う点も大きなポイントとなりますね!

プロパンはクリーンエネルギーでeco!

プロパンガスや都市ガスは他の化石燃料と比べて二酸化炭素の排出量が少なく、環境負荷の小さいエコエネルギーとして近年注目されているようです。STOP地球温暖化!

二酸化炭素排出原単位

  炭素排出係数
(t-C/TJ)
指数
石炭(一般炭) 24.42 1.28
A重油 19.32 1.02
原油 19.03 1.00
ガソリン 18.77 0.99
灯油 18.71 0.98
LPガス 16.38 0.86
都市ガス 13.80 0.73
[出典:総合エネルギー統計(2014年11月改定値)]

原油を1とした場合の計算になります。
LPガスと都市ガスがトップクラスの環境性能となっています。環境破壊、地球温暖化が注目されている昨今、家庭のお財布を気にかけながら、ちゃんとecoできるエネルギーを選びたいですね!

まとめ

LPG、LPガス、プロパンガスは基本的には同じとうことがわかりました。液化石油ガスの略がLPGでした。そして、LPガスの主成分がプロパンだからプロパンガスと呼ばれているんですね。よって、LPガス料金もプロパンガス料金もいずれも違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です