【ニュース】ふるさと納税が更に簡単に!

生活節約術

お得なふるさと納税が更にカンタンになります。
まだ初めてない方は今回からぜひ始めてみましょう。
生活節約術
ふるさと納税でお得生活

令和3年分確定申告から簡素化

令和4年(2022年)の2月16日~3月15日に申告する令和3年分の確定申告から、ふるさと納税の申告方法が簡素化されます。
ワンストップ制度を使う方は今まで通りで変わりはありません。

変更の概要

これまで

  • 複数の地域に寄付をした場合、それぞれの寄付金額を記入して合計する。
  • 寄付した自治体から郵送される「寄付金受領証明書」を添付する。複数に寄付した場合はそれぞれの分が必要。
令和3年分以降
  • ふるさと納税サイトが合計額の証明書を発行するのでその金額を記入する。
  • ふるさと納税サイトが発行する「寄付金控除に関する証明書」1枚を添付するだけでOK。サイトからダウンロードできるので、郵送物を紛失する心配もなし。
電子申告で確定申告する場合は添付書類を省略できます。省略した場合は5年間の保管義務がありますが、「寄付金控除に関する証明書」のみなら保管にかさばらずに済みます。

画像

ポイント

地味な手間がなくなり更に便利になりました。

マイナポータルとの連携も

一部のふるさと納税サイトではマイナポータルとの連携に対応する予定です。
  • ふるさと納税サイトとマイナポータルを連携させる。
  • 確定申告の「作成コーナー」に自動にふるさと納税のデータが自動取得される。
  • 電子申告なら、申告データ送信時にふるさと納税の証明書ファイルも自動に添付される。

画像

ポイント

現在、大手ふるさと納税サイトが順次対応しています。

まとめ

やらなきゃ損のふるさと納税。家計のゆとりと地域の応援のために活用しましょう。

コメントを残す