【食材ロスを減らす】野菜の冷凍保存

生活節約術

野菜の冷凍保存をしましょう

節約で、とても大事なのは買った食材を使い切ることです。しかし、野菜は保存できる期間が短く傷んでしまうこともありますね。
冷凍保存を上手に使いましょう。
野菜の冷凍保存は、栄養価を損なわず長期保存できます。ただし、冷凍することで味や食感が変わることがあるので野菜の種類によって一工夫を加えましょう。

画像

ポイント

長く保存ができて、ちょっとした時に好きな分を使えるのでとても便利ですよ。

美味しく冷凍するコツ

  • 野菜についている水分はしっかり拭き取る=冷凍したときに氷になり解凍時に水分が多く出てしまいます。
  • 下ゆでした場合は粗熱を十分に取る=なるべく急速に冷凍するのがコツなので良く冷まします。
  • 冷却効率を上げるために平らに置く=ラップやフリーザーバッグなどに包んで平らに置くことで全体が速く冷却されます。
  • 最後にアルミホイルで包む=熱伝導の良いアルミホイルで包むことで急速に冷凍できます。
  • アルミのバットがあれば平らに並べて冷凍すればOK=凍ったら保存容器に移しましょう。
画像

ポイント

水分を切り、とにかく急速に冷凍するのがコツです。

便利に使うコツ

  • 袋内で重ならないように入れる=ひとづつがバラバラになっていると少量使うときに好きな分だけ使えます。
  • 製氷機に入れて冷凍する=少量づつしか使わない物は、製氷機で凍らすと小さいブロック状になり使いやすいです。
  • 冷凍されたものはそのまま調理する=レンジなどで解凍してからではなく、そまま調理した方が美味しいまま使えます。
  • 離乳食に使う=茹でて潰したり、裏ごしした物を解凍してミルクに混ぜたり使い勝手が良いです。

画像

ポイント

好きな分量を使えるとお料理のアレンジもしやすいですね。

まとめ

次回は野菜ごとの冷凍方法のコツを説明します。

コメントを残す