充てん作業者【講習・再講習】

充てん作業者資格

充てん作業者資格は、民生用バルクローリ(充てん設備)により、LPガスのバルク供給設備への充てん等の作業作業を行う場合に必要です。
充てん作業者講習修了後は、液化石油ガス法施行規則第74条第2項及び第3項に定める期間ごとに再講習を受ける必要があります。

液化石油ガス設備士資格【試験・講習・再講習】
高圧ガス(第一種・第二種)販売主任者【試験・講習】

充てん作業者 講習

受験資格

製造保安責任者免状(冷凍に係るものを除く。)の所有者で、LPガスの移動式製造設備による製造の経験が1年以上ある方は、受講科目の一部が免除されます
▼高圧ガス保安協会 科目免除制度
https://www.khk.or.jp/qualification/national_qualification/examination/examination_exemption.html

講習・検定内容

講義3日間
  • 講義14時間、実習6時間
  • 充てんの基礎知識・バルク供給設備の知識と管理など
(一部免除者は2日間で講義のみ10時間)
検定試験
    充てんの基礎知識・バルク供給設備の知識と管理など

講習料金

  • 筆記試験:17,800円
  • 免除あり 筆記試験:14,200円
  •  実習 :31,900円

講習日程・場所など

▼講習予定一覧
https://www.khk.or.jp/qualification/examination_course/course_duty/index.html
実施時期などは不定期です

講習の申込

▼各都道府県液化石油ガス教育事務所へお問い合わせください
https://www.khk.or.jp/qualification/examination_course/otoiawase/inq_02.html

充てん作業者 再講習

対象者

  • 充てん作業者講習を修了したすべての方
※現に充てん作業に従事しているかどうかに関係なく、講習修了証を有する者は必ず受講してください。
告示で指定された充てん作業者養成施設で資格取得された方も含みます。
初回の再講習
交付を受けた日の属する年度の翌年度の開始日から3年以内
ただし、業務主任者に選任された日にすでに免状の交付を受けた日から3年が経過している場合、又は選任された日から3年が経過するまでの期間が6ヶ月未満の場合には、選任された日から6ヶ月以内
2回目以降
前回受講した日の属する年度の翌年度の開始日から5年以内

再講習内容

  • 1日(7時間の講義)
LPガスの充てんに関する法令
LPガスの充てんに関する知識

再講習費用

  • 8,940円

再講習日程・場所など

年2回開催(全国20ヶ所程度で開催予定)
▼講習予定一覧
https://www.khk.or.jp/qualification/examination_course/course_duty/index.html

再講習の申込

▼各都道府県液化石油ガス教育事務所へお問い合わせください
https://www.khk.or.jp/qualification/examination_course/otoiawase/inq_02.html

その他資格記事

▼高圧ガス(第一種・第二種)販売主任者はこちら
https://fatmag.jp/licence-hipressure-gas-sales-chief/

▼液化石油ガス設備士資格はこちら
https://fatmag.jp/lpg-equipment-engineer/

コメントを残す