【昔と今】お金の常識

生活節約術

住宅ローン

  • とにかく頭金を多く払う方が得=住宅ローンの金利が高かったため借入金額を少なくする方が得でした。
  • とにかく繰り上げ返済をしたほうが得=返済期間を短くするほど利息の支払いが減りました。
  • 頭金の額は要検討=超低金利のため、頭金の額を資産運用した方が有利な場合があります。
  • 住宅ローン控除期間は要検討=住宅ローン控除1%の10年間のあいだは、繰り上げ返済をした方がよいかよく計算をする必要があります。
画像

ポイント

住宅ローンの金利がまったく違うため昔の常識で考えないようにしましょう。

保険

  • 貯蓄型保険が超お得=20年以上前の終身保険利率は2.75%、バブル期ならなんと6%ということもありました。
  • 終身型が安心=老後の費用負担を減らすために終身型にして60歳まで払い済みにする人が多かったです。
  • 貯蓄と保険は必ず分ける=現在の予定利率は0.25%ほどなので、保険に貯蓄の機能を求めるのはNGです。
  • 更新型にする=医療の進歩により入院日数の短縮や日帰り手術の変化があります。随時適した保険内容にできるように更新型を選びましょう。
生活節約術
【今さら聞けない】社会保険
画像

ポイント

医療保険は公的保険と内容が被らないものを選び費用を抑えるのも大事です。

老後資金

  • 退職金でまかなう=昔は安定した会社で働いていれば毎年昇給して退職時にはまとまった退職金がもらえました。
  • 年金で安泰=退職金と公的年金である程度の老後生活ができました。
  • 退職金だけではまかなえない=終身雇用は崩壊し、年功序列の給与体系もなくなりつつあります。外資系などでは退職金がないのも常識。
  • 年金だけでは心配の可能性=年金だけでは不足する可能性があります。国はNISAやiDeCoなどの個人資産運用を推奨しています。
生活節約術
【今さら聞けない】つみたてNISA
画像

ポイント

平均寿命や年金制度が変わってきています。早くから自分で準備しましょう。

まとめ

時代の変化が著しくなっています。時代に合わせた情報収集をしていきましょう。

コメントを残す